close

相談 メール

コラム

ホーム > コラム > 4Kをテレビで見るには?損しない視聴方法をプロが完全解説
2023.09.29
4Kをテレビで見るには?損しない視聴方法をプロが完全解説

4Kをテレビで見るには?損しない視聴方法をプロが完全解説

2018年に4K放送が本格的に開始されてから、視聴需要が増えています。しかし、4K放送をテレビで見るには何が必要なのか分からないという方も少なくありません。そこで本記事では、4Kをテレビで見るために必要なものをアンテナ工事のプロが分かりやすく解説します。基礎知識から具体的な視聴方法まで記述しますので、ぜひ最後までご覧ください。

4Kをテレビで見るには?:基礎知識

基礎イメージ

ます、4K放送をテレビで見るために、以下の基礎知識からみていきましょう。

 

4K放送の「K」について
4K放送の特徴
「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」の違い
4K放送の右旋・左旋の違い

 

4K放送の「K」について

4K放送の「K」は、画面の解像度を示す指標で、具体的には横3840ピクセル×縦2160ピクセルの解像度のことです。この解像度は、フルHD(1920×1080)の4倍であり、約829万画素を持っています。これにより、4Kは非常に高い画質と詳細な映像表現を実現し、視覚的なリアリズムが向上しました。

 

また、4Kの映像は、2K(フルHD)と比較して、高精細で色が鮮やかであり、色表現が細やかになっています。さらに、光の表現力と動きの情報量も向上しており、これによりダイナミックな動きや繊細な色をより効果的に表現することが可能となりました。具体的には、約800万画素で細やかな映像を提供し、色や明るさの再現力も向上させています。これにより、よりリアルな描写が可能になり、視聴者には実際に見える色に近い映像を楽しめます。こうした4Kの技術は、映像の階調表現やHDR技術による明暗の範囲拡大、そして1秒間に約60コマの表示など、動きの速いスポーツなども「ぼやけず」「なめらかに」表示することを可能にしています。これらの技術進歩により、4Kは視覴体験を大幅に向上させ、視聴者に新しいテレビライフを提供可能です。

 

なお、4K放送は、2018年12月1日から開始され、BS・CS放送の一部としてチャンネルが展開されていて、テレビで見るには、後述する部材を揃える必要があります。

4K放送の特徴

4K放送は、映像の解像度が非常に高いことで知られており、水平3840画素×垂直2160画素、合計約829万画素の解像度を持っています。これは、従来の2K放送(水平1920画素×垂直1080画素、約207万画素)と比較して、画素数が約4倍に増加しています。この高解像度により、映像は非常に鮮明で、色や明るさの再現性も向上しています。特に、色表現の範囲が広がり、色彩が鮮やかになるため、「実際に見える色」に近い映像を楽しむことができます。

 

また、4K放送では階調表現が8ビットから10ビットへと向上しており、これにより色や明るさの変化がなめらかになり、より自然な映像を体感可能です。さらに、HDRが採用されている4Kテレビでは、映像で表現できる明るさの範囲が大幅に拡大し、より現実に近い明るさを表現されているため、より臨場感を味わうことができます。

 

動きの表現においても、4K放送は優れています。1秒間に約30コマから約60コマの表示が可能となっており、動きの速いスポーツなどでも、「ぼやけず」「なめらかに」映像を表示。これにより、視聴者は自然の美しさを映し出す番組であれば”目の前に海や山が広がるような錯覚”を、ドライブの映像であれば”自分が車を運転しているような興奮”を覚えるかもしれません。

 

「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」の違い

4Kを見るには、専用のテレビが必要になりますが、種類として「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」があります。一見同じようにみえる2つのテレビですが、実は以下のような違いがありますので、購入の際などはご注意ください。

 

・4K対応テレビ:4K画質を映し出す機能が備わっている
・4Kテレビ:4K対応テレビの機能にプラスアルファとして、テレビ本体で4K放送を受信可能

 

これらの特徴により4K対応テレビ単体では、4K放送を見ることはできないため、後述する4Kチューナーが必要になります。また、4Kテレビであっても旧タイプの製品の場合は、新4K放送に対応していない可能性もありますので、同様にチューナーの接続が必要です。

4K放送の右旋・左旋の違い

4K放送の受信において、右旋(うせん)と左旋(させん)の違いは非常に重要です。これらの用語は、衛星から発信される電波(円偏波)の回転方向を指します。右旋は電波の回転方向が進行方向に向かって右回りで、左旋は左回りであることを示します。

 

もともと、日本では右旋に衛星放送を割り当てて放送を展開していますが、新4K8K放送を開始にあたって周波数が埋まってしまったため、左旋にも割り当てることとなりました。このため、右旋、左旋のそれぞれの電波を受信するための環境が求められています。基本的には、後述する4Kアンテナを使用することで視聴可能ですが、ご不明点がございましたら、アンテナ工事のプロの「みやぎアンテナセンター」がお応えいたします。もし、宮城県をはじめ仙台市で4K放送の視聴をご検討されているようでしたら、お気軽にご連絡くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

4Kをテレビで見るには?:必要なものリスト

リストイメージ

4Kテレビの視聴には、以下の部材が必要です。

 

4Kテレビ本体
4Kチューナー
4Kアンテナ
同軸ケーブル
ブースター
分配器・分波器・混合器

 

ここでは、それらの機器について詳しく解説します。

4Kテレビ本体

4Kテレビ本体の選定は、4K放送を楽しむに必須です。価格は、ブランドやモデル、さらには機能やサイズによっても大きく異なりますが、50インチを例にすると、液晶テレビが5万~、有機ELテレビが10万円~で購入可能です。機能面などの選定ポイントについては以下をご参考になさってください。

 

選定ポイント 解説
画面サイズ 4K解像度を十分に活かすためには、画面サイズも重要です。より快適な視聴には50インチ以上の画面サイズが推奨されています。
HDR対応 HDR(High Dynamic Range)対応のモデルを選ぶことで、より広い色域と高いコントラストを楽しむことができます。
リフレッシュレート 高いリフレッシュレート(例: 120Hz以上)を持つモデルを選ぶことで、動きの速い映像でも滑らかに表示されます。
接続端子 HDMI端子の数や種類(例: HDMI 2.1)、USB端子、インターネット接続のためのEthernet端子など、必要な接続端子が備わっているか確認します。
スマートTV機能 ストリーミングサービスへのアクセスやアプリの利用が可能なスマートTV機能が備わっているモデルも多く、エンターテイメントの選択肢が広がります。

 

これらのポイントを考慮し、自分の視聴環境や予算に合わせて4Kテレビを選定することで、4K放送を存分に楽しむ準備が整います。また、購入時にはショップのスタッフや専門家に相談することも、適切な選択をする手助けとなるので、おすすめです。

4Kチューナー

4Kチューナーは、4K放送の受信を可能にする重要な機器となります。このチューナーは、高解像度のデジタル信号をデコードし、4Kテレビで映像を表示するために必要です。市場には、内蔵型と外付け型の2種類の4Kチューナーが存在します。内蔵型は、4Kテレビ本体に内蔵されているタイプで、テレビ購入時にはこの点を確認することが重要です。一方、外付け型は、4Kチューナーが内蔵されていないテレビや、古いテレビモデルに4K受信機能を追加するために使用されます。価格に関しては、外付け型4Kチューナーの場合、約1万円から3万円程度の範囲で購入することが可能です。しかし、機能やブランドによっては、価格は異なる場合があります。例えば、録画機能やネットワーク対応機能を備えた高機能モデルは、価格が高くなる傾向にあります。

 

4Kチューナーの選定においては、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

 

選定ポイント 解説
録画機能 録画機能を備えたモデルを選ぶことで、見逃した番組の録画や、好きな番組の保存が可能となります。
ネットワーク対応 ネットワーク対応モデルを選ぶことで、録画番組のネットワーク共有や、スマートフォンとの連携が可能です。
操作性とインターフェース 操作が簡単で、見やすいインターフェースを備えたモデルを選ぶことも重要です。

 

ぜひ、これらのポイントを考慮し、自分の視聴環境や予算に合わせて4Kチューナーをお選びください。

4Kアンテナ

4Kアンテナは、4K放送の受信に不可欠な部材です。基本的にはパラボラアンテナと呼ばれるタイプの衛星放送用のBS/CSアンテナを用意すれば見られますが、注意点としては4Kに対応していることです。4K8Kの記載がないアンテナでは4K放送を見られない可能性があります。特に4K放送開始以前から衛星放送をご視聴されていたご家庭で使用されているアンテナは非対応の可能性が高いため、視聴するには交換が必要です。宮城県内でお使いのアンテナが4Kに対応しているかご不明でしたら、みやぎアンテナセンターでご確認いたしますので、お気軽にお声掛けくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

同軸ケーブル

同軸ケーブルは、アンテナとテレビやチューナーに接続して映像を映し出す際に使用するケーブルですが、こちらも4K対応品を用意する必要があります。現在、アンテナでテレビを視聴されていて4K非対応の環境の場合は、屋外、屋内のケーブル交換を要する場合もありますので、ご不明な場合は、アンテナ工事業者へご依頼ください。宮城県内であれば、みやぎアンテナセンターでご対応いたします。下記よりご連絡くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

 

ブースター

ブースターはアンテナで受信したテレビ電波を強くして、映像が乱れないように安定させるための機器です。特に電波の感度が弱い環境下にアンテナを設置していると、映像にノイズが入ってい映りが悪くなってしまうことが多々あります。また、同じ建物内に複数のテレビを設置すると電波が減衰して視聴トラブルの原因となることも。こうしたトラブルはブースターを使用することで解決しますので、アンテナとセットで設置することを強くおすすめします。なお、ブースターは地デジのみ対応、衛星放送対応など視聴目的に応じて選ぶ必要がありますが、4K放送を見るには、やはり対応製品を選ばなければなりません。そのうえ、以下の選定ポイントを押さえて購入することをおすすめします。

 

選定ポイント 解説
増幅能力 必要な信号強度に応じて、適切な増幅能力を持つブースターを選定します。
ノイズフィギュア 低いノイズフィギュアを持つブースターは、ノイズの影響を最小限に抑えることができます。
周波数帯域 使用するテレビ放送の周波数帯域に対応するブースターを選定します。

 

なお、ブースターはアンテナ工事をご依頼いただければ、基本的にセットで設置することが多いです。みやぎアンテナセンターでは、お客様の環境を十分考慮した上で、適切なブースターを取り付けていますので、ご安心ください。

 

分配器・分波器・混合器

アンテナの周辺機器気には、分配器、分波器、混合器と呼ばれる機器もあり、これらは複数のテレビやアンテナを使用する際に必要です。それぞれの詳しい特徴を下記にまとめています。

 

部材名 解説
分配器 (Splitter) アンテナで受信した電波を分配する部材です。これにより、一つのアンテナから複数のテレビやレコーダーに電波を供給できます。また、4Kを見るには対応製品を選ぶ必要があります。
分波器 (Diplexer) 地デジと衛星放送の電波を分ける働きをする機器です。主に室内にアンテナ端子が一つのみのご家庭で2つの電波を受信してテレビを視聴する際に使用します。こちらも4Kをテレビで見るには対応品が必要です。
混合器 (Mixer) 混合器は、複数のテレビアンテナから配線されている同軸ケーブルを1本にまとめるための機器です。特に配線をスッキリさせたい時に効果的で4K放送を見るには分配器、分波器同様に対応製品を使用します。

 

4Kをテレビで見るには?:設定と手順

手順イメージ

4Kテレビの設定は、少々複雑に感じるかもしれませんが、手順を追えば簡単に設定できます。ここでは、視聴までの流れと設定方法について解説します。

視聴までの流れ

4K放送をテレビで見るには以下の手順が必要です。

 

①4Kテレビ本体と必要な機器を購入

②4Kアンテナを設置と同軸ケーブルでテレビと接続

③4Kチューナーが必要な場合は、設置およびテレビと接続

④テレビの設定メニューからチャンネルスキャン

 

それぞれの詳細は下記をご参考になさってください。

4Kテレビを見るための設定方法

4Kテレビの魅力を最大限に引き出すための設定方法は、テレビの種類や接続機器によって異なります。基本的な設定手順と注意点については以下をご参考になさってください。

4Kテレビの設定手順

4Kテレビの設定は以下の手順で行えます。

テレビの準備

4K放送を受信できるテレビが必要です。繰り返しになりますが、先述のとおり、テレビには「4Kテレビ」と「4K対応テレビ」の2種類があり、前者は4Kチューナーが内蔵されているのに対し、後者は別途4Kチューナーが必要です。

4Kチューナーの設定

4Kチューナーは4K放送の信号をテレビに適切に映し出す役割を果たします。4K対応テレビをお持ちの場合は、外部の4Kチューナーをテレビに接続し、電源を入れてから画面表示に従って設定を行います。

アンテナとその他の機器の確認

4K放送はBS・CS放送で、通常の地デジ放送とは異なる周波数帯域を使用してるため、4K・8K対応のアンテナや、4K対応のHDMIケーブル、分配器などが必要になる場合があります。既存の製品がある場合は、よくご確認の上、必要に応じて4K対応品へ交換してください。

チャンネル設定

リモコンの「4K」ボタンを押して入力を切り替え、またはテレビの設定メニューから4K放送のチャンネル設定を行います。問題なく、設定が完了すると、4K放送が映るようになります。

画質設定

画質設定はテレビのメニューから行います。4K放送を最適に表示するための画質設定を選択し、必要に応じて明るさ、コントラスト、色調などを調整します。

注意点

4K放送を視聴するためには、高度広帯域伝送方式に対応した機器が必要です。このため、既存の機器が4K放送に対応しているか確認し、必要に応じて新しい機器を購入することが重要です。4K放送の視聴に関する詳細な情報やトラブルシューティングは、テレビのマニュアルや製造メーカーのサポートページを参照することが推奨されます。これらの手順と注意点を踏まえて、4Kテレビの設定を行うことで、高解像度で鮮明な映像を楽しむことができます。また、設定に関する問題が発生した場合は、製造メーカーのサポートセンターに連絡することも一つの選択肢となります。なお、宮城県内の4Kアンテナに関するお問い合わせは、みやぎアンテナセンターでご対応可能ですので、下記よりご連絡くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

 

視聴可能なチャンネル

2023年9月現在、日本で見られる4K放送を「右旋(うせん)」と新しい「BS 左旋(させん)」「CS 左旋(させん)」ごとに以下の表にまとめました。

 

右旋で視聴可能なチャンネル BS 左旋で視聴可能なチャンネル 110 度 CS 左旋で視聴可能なチャンネル
NHK BS4K
BS 朝日 4K
BS テレ東 4K
BS 日テレ 4K
BS フジ 4K
BSTBS 4K
ザ・シネマ 4K
ショップチャンネル 4K
QVC
WOWOW4K
NHK BS8K
J SPORTS 1 4K
J SPORTS 2 4K
J SPORTS 3 4K
J SPORTS 4K
日本映画+時代劇 4K
スターチャンネル
スカチャン 1 4K
スカチャン 2 4K

4Kをテレビで見るには?:アンテナの種類と工事費用

料金イメージ

ここでは、4Kをテレビで見るために必要なアンテナの種類と工事費用について解説します。

4Kアンテナの種類

4Kテレビアンテナには、従来のスタンダードタイプに加え、ブラックカラータイプ、メッシュタイプがあり、それぞれ以下の特徴があります。

 

スタンダードタイプ ブラックカラータイプ メッシュタイプ
スタンダードタイプの4Kアンテナ ブラックカラータイプの4Kアンテナ メッシュタイプの4Kアンテナ
従来のスタンダートタイプです。4K放送をテレビで見るには4K8Kの表記があるのもを使用します。ベランダ、外壁、屋根上など設置場所は様々です。 太陽の光を吸収しやすい黒は変形の恐れから流通されていませんでしたが技術の進歩により実現。クールな見た目でファッション性でも選べます。 ディッシュ部分のメッシュは風の逃げ道になっているため、強風対策におすすめの4Kアンテナです。穴が開いてても電波は問題なく受信できます。

 

どの4Kアンテナを選べばよいのかお悩みでしたら、アンテナ工事専門業者へご相談くださいませ。宮城県内のお客様は、みやぎアンテナセンターでご対応いたします。下記よりご連絡くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

 

4Kアンテナの工事費用

4Kアンテナの設置工事費用の相場は、25,000円~40,000円前後です。ただし、実際の費用は現地調査により算出されます。正確な金額を知りたい場合は、業者の見積もりをご利用ください。この際、複数の業者に相見積もりを依頼することで、より納得した上でアンテナ工事を依頼できます。みやぎアンテナセンターでは、4Kアンテナ単体設置で25,000円~でご案内していますので、仙台市をはじめ宮城県内で工事をご希望でしたら、まずはお見積りからでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)
アンテナ工事料金ページ

 

4Kをテレビで見るには?:アンテナ以外の視聴方法

テレビイメージ

さて、ここまでアンテナで4Kをテレビで見るための方法を解説してきましたが、実はアンテナ以外にも以下の視聴方法があります。

 

光テレビを契約
ケーブルテレビを契約
アンテナなら損しないで視聴可能

光テレビを契約

光テレビは、インターネット光回線のオプションメニューとしてサービスが展開されていて、4K放送もテレビで視聴可能です。ただし、月額利用料が発生し、基本的にインターネット光回線の契約が必須のため、例えばスマホのデータ量の消費が少ない、まったくインターネットを使わないという方にとってはコスト的に負担になってしまう恐れがあります。

ケーブルテレビを契約

ケーブルテレビは地域密着型の独自番組とともに4K放送も配信している視聴サービスです。お住まいのエリアに対応しているケーブルテレビ会社に契約することで視聴環境が整います。ただし、初期費用、月額費用、機器レンタル料などのコストが他の視聴方法よりも高額な場合が多いです。

アンテナなら損しないで視聴可能

コスト的に安く4K放送をテレビで見るには、初期費用のみで視聴が実現するアンテナ設置がおすすめです。確かに最初に必要な4Kアンテナ設置工事費用は発生していますが、長期的な目線でみると、光テレビやケーブルテレビよりもお得です。光テレビやケーブルテレビの独自配信を全く見ないというのであれば、ぜひ、アンテナで4K放送のテレビ視聴をお楽しみください。宮城県内のお客様は、みやぎアンテナセンターで設置いたします。お気軽にお声掛けくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付) 

4Kをテレビで見るには?:まとめ

まとめイメージ

以上、4Kをテレビで見るには何が必要でどのような方法があるのか解説しました。基本的にはテレビ、4Kアンテナ、周辺機器をご用意いただき、適切に設置、接続を行うことで視聴が実現します。また、工事は専門業者のご利用が最も安心して任せられるのでおすすめです。このほか、光テレビやケーブルテレビを契約することでも4K放送をテレビで見られますが、コスト面ではアンテナが最も安くて損しません。ぜひ、これらをご参考にご自身に最適な視聴方法で4Kをテレビでお楽しみくださいませ。なお、仙台市をはじめ宮城県内各エリアでアンテナによる4K放送視聴をご希望でしたら工事はみやぎアンテナセンターでご対応いたします。下記よりご連絡お待ちしております。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

4Kをテレビで見るには?:よくある質問

質問イメージ

最後に4Kをテレビで見る方法に関するよくある質問をQ&A形式でご紹介します。

4kテレビを見るには何が必要ですか?

4Kテレビを見るには、以下の部材が必要です。

 

4Kテレビ本体
4Kチューナー
4Kアンテナ
同軸ケーブル
ブースター
分配器・分波器・混合器

地デジで4k放送は視聴できますか?

4K放送は2023年現在、地デジの放送は展開されていません。衛星放送の一部として放送されています。

4kテレビを見るにはアンテナは必要ですか?

4K放送をテレビで見る方法の一つとしてアンテナが必要です。他にも光テレビやケーブルテレビを契約することで視聴できますが、コスト的にはアンテナが一番お得です。

4k放送は無料で観られますか?

 4K放送は無料で観られるチャンネルもあります。ただし、光テレビやケーブルテレビを契約して視聴する場合は別途月額費用が発生します。また、現在地デジのみをご覧いただいて4K放送の導入をお考えの場合は、衛星放送用のNHK受信料のお支払いが必要です。

 

その他、4K放送に関するご質問やご相談がございましたら、みやぎアンテナセンターまでお問い合わせくださいませ。宮城県内で視聴を検討されているようでしたら、最適なプランをご提案いたします。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)