close

相談 メール

コラム

ホーム > コラム > テレビアンテナの電源の仕組みをプロが解説【供給方法と必要性】
2024.01.30
コラム
テレビアンテナの電源の仕組みをプロが解説【供給方法と必要性】

テレビアンテナの電源の仕組みをプロが解説【供給方法と必要性】

テレビアンテナの電源に関してお調でしたら、本記事ではアンテナ工事のプロがよくあるトラブル例を基にアンテナの電源供給方法など詳しく解説。ぜひ、快適なテレビライフづくりのご参考としてお役立てください。

 

また、仙台市をはじめ宮城県内でテレビアンテナの電源に関してお困りでしたら、みやぎアンテナセンターが丁寧にご対応いたします。簡単なご相談からでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

テレビアンテナに電源が必要なシーン

アンテナイメージ

テレビアンテナは地デジ用と衛星放送(BS/CS)用があり、それぞれ電源の扱い方が異なるためシーン別に解説します。

地デジアンテナの電源について

地デジ用の場合、アンテナ本体に対しての電源供給は必要ありません。テレビ電波自体に電気的エネルギーを持っているため、アンテナで受信してケーブルからテレビまで電源なしで送信できます。

 

ただし、電波を強くして視聴を安定させるためのブースターを地デジアンテナとセットで設置または内蔵タイプのアンテナを使用する場合は電源を供給しないと動作しません。ブースターの電源について詳しくは後述します。

BS/CSアンテナの電源について

衛星放送用のBS/CSアンテナは、コンバーターと呼ばれるパーツの動作に電源が必要です。コンバーターとは、衛星放送の電波が約12,000㎒帯と微弱であるため、映像を映し出せるくらいの約1,000㎒帯に強くするためのパーツを指します。

 

そして、BS/CSアンテナのコンバーターまで電源を供給するには、チューナーやブースターなどの部材に同軸ケーブルの接続が必要です。一般家電製品のような電源プラグがBS/CSアンテナ本体に備え付けられているわけでなく、間接的に電源を供給します。

テレビアンテナの電源トラブルと解決方法

解決イメージ

テレビアンテナの電源は時にはトラブルを起こして視聴に影響を及ぼすこともあります。ここでは、具体的なトラブル例と解決方法について解説します。

 

主なテレビアンテナの電源トラブルは以下の3点です。

 

・1端子通電型分配器を使用
・電源供給設定ミス
・ブースターの電源トラブル

 

各トラブルと解決放送を詳しくみておきましょう。

1端子通電型分配器を使用

電源が必要なBS/CSアンテナを設置してある同じ建物内でテレビを複数台使用している場合は、アンテナで受信した電波を分けるための分配器と呼ばれる部材を使用します。

 

分配器には一つの端子のみ通電可能な「1端子通電型」と全ての端子が通電可能になっている「全端子通電型」がありますが、前者を使用していて通電可能な端子に接続しているテレビの電源が切れていると、BS/CSアンテナへ通電されず、BSやCSなどの衛星放送が映りません。

 

例えば、リビングのテレビが切れている状態で通電可能な分配器の端子に繋がれていると、2階の寝室や子供部屋のテレビは電源を入れてもBS/CSアンテナに通電されないため、衛星放送が映らなくなります。この場合はリビングの電源を入れれば映るようになります。

 

ただし、通電されていない端子に接続されているテレビで衛星放送を見るには、常にメインのテレビ(上記でいえばリビングのテレビ)を通電にしている必要があるため煩わしさを感じるようでしたら全端子通電型の分配器への交換がおすすめです。

 

仙台市をはじめ宮城県内で全端子通電型の分配器への交換や新設をご希望でしたら、みやぎアンテナセンターがご対応いたします。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

電源供給設定ミス

BS/CSアンテナへ通電するには、テレビ側で電源供給設定を行う必要があります。アンテナ設定画面にて「供給しない」に設定されていると、BS/CSアンテナへ通電されません。アンテナ電源の項目で「テレビ連動」に設定されているかご確認ください。

 

なお、テレビのメーカーやモデルによって設定画面が多少異なるため、操作方法などは取扱説明書に明記されています。基本的にはテレビのリモコンから「設定」「メニュー」「サブメニュー」などのボタンからアンテナ設定画面にアクセス可能です。

 

また、テレビアンテナの電源供給が「テレビ連動」になっているにもかかわらず、BSやCSなどの衛星放送が映らない場合は他にトラブルを抱えている可能性が高いです。特定が難しいようでしたら専門業者にご相談くださいませ。宮城県内のお客様でしたら、みやぎアンテナセンターでご対応可能ですので、お気軽にお声掛けくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

ブースター電源トラブル

地デジ、衛星放送に共通するテレビアンテナの電源トラブルといえばブースター関連です。ブースターは増幅器とも呼ばれアンテナで受信したテレビ電波を強くして映像のノイズ・乱れ防止、複数のテレビ使用による電波減衰を防止するための部材で一般的に本体と電源部で構成されています。

 

そのため、ブースターの本体や電源部が故障してしまうと、テレビ電波が増幅されずに視聴トラブルが起きてしまうのです。本体の故障はもちろん、電源部に異常があれば電波が強くならず、一部または全てのチャンネルが映らないなどのトラブルが発生しやすくなります。

 

ブースター本体または電源部のショートなどで故障しているようであれば交換が必要となり、電源部においては電源コンセントへ通電されていないと動作しません。この場合、ブースター側の問題なのか、コンセントなど建物側の問題なのか適切に見極める必要があります。

 

なお、電源コンセント側のトラブルですと、停電などブレーカーの復旧で改善される場合などを除いて電気工事士資格が必要になるケースが多いです。適切に処理しないと火災など重大事故を引き起こす可能性があるため、決してご自身では手を触れず専門業者にご依頼くださいませ。

 

みやぎアンテナセンターは、ブースターの本体、電源部の交換を含め仙台市をはじめ宮城県各所で対応しております。可能な限りスピード対応いたしますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

テレビアンテナの電源供給方法

ブースターイメージ

テレビアンテナの電源はBS/CSアンテナのコンバーターへ、ブースターを使用する場合は電源部に供給する必要があります。それぞれの供給方法は以下のとおりです。

BS/CSアンテナのコンバーターの電源供給方法

BS/CSアンテナのコンバーターへの電源供給は、同軸ケーブルを使用します。特別電源専用のケーブルの付属または用意は必要ありません。1本の同軸ケーブルに衛星放送電波と電気を通して電源を供給します。

 

ただし、前項の電源トラブルの項目内で解説したように、複数のテレビを使用する場合は分配器の通電方式に沿った接続、テレビの供給設定など適切に行わないと供給されませんのでご注意ください。

ブースターの電源供給方法

ブースターを使用する場合は、本体と接続した電源部をコンセントに差し込むことで供給できます。ブースターの電源部の設置場所は電源確保可能な屋根裏、ユニットバスの天井裏、テレビ裏など物件によって様々です。アンテナの設置場所によっても異なります。

 

なお、新築住宅で電気工事が未完了ですと、ブースターの電源部を接続しても供給されません。多くの場合、アンテナ設置が電気工事後に行われるのは、電源供給の確認を行うためのです。

 

また、ブースターの本体および電源部の設置はテレビ裏など簡易的な場所を除いて配線処理など大がかりな作業が伴います。慣れている方であれば、DIYでも行えますが、屋根裏や天井裏などの作業は、プロに任せた方が安全で確実です。無理せず専門業者をご利用くださいませ。

 

宮城県内のお客様は、みやぎアンテナセンターでご対応いたします。ブースターの電源はもちろん、アンテナ工事のことなら何でもお任せくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

テレビアンテナの電源に関するよくある質問

よくあるご質問イメージ

BSアンテナに電源を供給する必要がありますか?

BSアンテナのコンバーターと呼ばれるパーツを動作させるために電源供給が必要です。

アンテナ電源とは何ですか?

アンテナ電源とは主にアンテナで受信したテレビ電波を増幅させて視聴を安定化させるために必要なエネルギーを指します。主に地デジアンテナであればブースター、BS/CSアンテナであればコンバーターとブースターに専用の電源が必要です。

アンテナ供給電源設定とは何ですか?

アンテナ供給電源設定とは、テレビやチューナーなどの受信機がBS/CSアンテナの電源供給が必要と判断した場合に自動的に判断する設定を指します。例えば、リアルタイムのBSまたはCS放送視聴中や録画中に電源供給が必要です。

まとめ:テレビアンテナの電源について

まとめイメージ

テレビアンテナの電源は、主にBS/CSアンテナのコンバーター、ブースターの電源部への供給が必要です。また、電源トラブルの発生源としては、分配器の種類、テレビの設定、ブースターの本体または電源部の故障などがあげられます。

 

なお、テレビアンテナの電源はBS/CSアンテナのコンバーターには同軸ケーブルで、ブースターは電源部をコンセントに接続することで供給可能です。

 

もし、お困りごとがありましたら信頼できるアンテナ工事専門業者にご相談くださいませ。仙台市をはじめ宮城県内のお客様は、実績豊富なみやぎアンテナセンターがご対応いたします。まずはお見積りなど簡単なご相談からでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)