close

相談 メール

コラム

ホーム > コラム > アンテナの屋根裏設置はメリットだらけ!映らないなどの失敗回避術
2024.02.28
コラム
アンテナの屋根裏設置はメリットだらけ!映らないなどの失敗回避術

アンテナの屋根裏設置はメリットだらけ!映らないなどの失敗回避術

アンテナの屋根裏設置を検討しているもののテレビが映らないなど不安がありましたら、本記事では失敗しない方法をアンテナ工事のプロが分かりやすく解説。

 

アンテナを屋根裏に設置することで得られるメリットもお伝えしますので、快適な視聴環境づくりのヒントとしてお役立ていただけます。

 

また、仙台市をはじめ宮城県内でアンテナの屋根裏設置をご希望でしたら、実績豊富な専門店のみやぎアンテナセンターが誠心誠意ご対応いたしますので、下記よりお気軽にご連絡くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

アンテナの屋根裏設置のメリット5選

メリットイメージ

アンテナを屋根裏に設置することで主に以下のメリットを得られます。

 

・外観から100%隠せる
・エクステリアを傷めない
・強風リスクなし
・鳥害リスクなし
・強風リスクなし

外観から100%隠せる

アンテナを屋根裏に設置されたい方の多くは、住宅の見た目を気にされているからです。アンテナといえば骨型で屋根上に設置されているイメージが強いかもしれません。このイメージにより住宅にマッチせず目立つからという理由でアンテナの屋外設置を敬遠される方も。

 

こうした事情を一気に解決できるのがアンテナの屋根裏設置です。完全に外観から隠せるスタイルで住宅の美観を損ねることはありません。また、近年はアンテナの種類も増えてきて従来の骨型以外にオシャレなデザインアンテナやユニコーンアンテナも登場しましたが、拘りの物件の外観に設置物は極力避けたい場合にも屋根裏設置がおすすめです。

 

とにかく完全にアンテナを隠したい場合は、屋根裏設置で解決します。さらにアンテナの見た目が気になるという理由で光テレビやケーブルテレビを利用されているようでしたら、屋根裏設置にすることでランニングコストが大幅カットで家計の負担も減ります。

エクステリアを傷めない

アンテナを屋外に設置する場合、穴あけ加工が必要になるケースもあり特に外壁や破風板に設置する場合はビス穴を開けないと固定できません。そのため、数ミリ単位の微小とはいえ物件の壁に穴をあけることになり、エクステリアの傷みを気にされる方も。

 

しかし、屋根裏であれば、エクステリアを全く傷めることなくアンテナを設置できます。せっかくの新築の外観をできるだけ傷つけたくないとお考えであれば、屋根裏設置で解決可能。住宅の美観そのままで快適なテレビ視聴環境が整います。

アンテナの寿命が延びる

屋根裏は外気に触れることがないため、アンテナの劣化を屋外よりも抑えて寿命が延びやすいです。屋外のアンテナは常に外気に触れているため、雨風の影響を受けやすく屋根裏など屋内に比べて劣化の進行が速い傾向があります。

 

また、海外付近にお住まいですとアンテナの塩害も懸念され、技術向上につき製品に対策加工は施されているものの長い年数使用すれば錆といった問題も生じやすいですが、屋根裏であれば防止可能です。

強風リスクなし

アンテナは台風の時期を中心に強風による倒壊リスクを伴いますが、影響を全く受けない屋根裏設置であれば心配ありません。もちろん屋外でも設置方法の工夫により倒壊リスクを軽減できますが、完全とは言い切れません。

 

未曾有の自然災害に備えたアンテナの強風対策として屋根裏設置が注目されています。また、屋外は倒壊までしなくても強風によりアンテナの位置がずれてしまうことによる視聴トラブルも。屋根裏設置なら風でテレビが映らないといったトラブルも防げます。

鳥害リスクなし

屋外のアンテナは屋根上設置を中心に、鳥の止まり木になりやすいです。鳥がただ止まる分には問題ありませんが、糞害やアンテナの位置ズレといった問題も。

 

鳥の糞による屋根の汚れや劣化に繋がるリスクもありますが、屋根裏に設置することで鳥の影響も全く受けません。また、鳥ではありませんが、別荘地を中心に猿がアンテナを掴んでずらしたり倒したりするといった被害もあるため、獣害リスクを防ぐといった意味でも屋根裏設置はおすすめです。

 

以上のメリットから宮城県内でアンテナの屋根裏設置をご希望でしたら、専門店のみやぎアンテナセンターまでご連絡くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

アンテナの屋根裏設置条件

リストイメージ

アンテナの屋根裏設置は必ずしも実現できるとは言い切れず、最低限以下の条件を満たす必要があります。

 

・確実に屋根裏で電波受信ができる
・アンテナの設置スペースがある
・屋根裏に配線がある

確実に屋根裏で電波受信ができる

屋根裏を設置するだけならどの物件でも実現できますが、設置してもテレビが映らなければ意味がありません。アンテナは電波塔から発信された電波を視聴可能レベルで受信する必要がありますが、屋根裏は建物内のため、屋外よりも弱い傾向にあります。

 

そのため、確実にテレビ視聴可能で電波を受信できる環境が最低限必要です。

アンテナの設置スペースがある

屋根裏設置にはアンテナのスペースも必要です。アンテナを設置はもちろん、作業ができるくらいのスペースがないと実現が困難となります。また、屋根裏にスペースがあっても、点検口や周辺が狭いとアンテナなどの部材がつっかえて設置場所までたどり着けないことも。

 

たとえば、屋根裏での電波受信レベルが弱く、大型の高性能アンテナを使用しようと思ったら、点検口が子供部屋のクローゼット内で天井や棚が障害物になって侵入が難しいなど物件の構造によっては難しいケースもあります。

屋根裏に配線がある

アンテナケーブルなど配線が屋根裏まで届いていることも設置条件のひとつです。アンテナを屋根裏に設置できても、ケーブルがなければテレビまで電波を送ることができません。

 

屋根上にアンテナを設置する前提の物件などは屋根裏に分配器が配備されてケーブルも配線されているパターンも多いです。ただし、ユニットバス天井裏などに配備されている場合など屋根裏に環境がない場合は、新たに配線引き直し工事などで設置環境を作れます。

 

アンテナの屋根裏設置の注意点

注意イメージ

アンテナを屋根裏に設置するには以下の注意点も把握しておきましょう。

 

・受信電波レベル
・ソーラーパネル設置
・BSアンテナの設置
・DIY設置の失敗

受信電波レベルに注意

アンテナが屋外に設置される理由は、受信感度が強く視聴が安定しやすいからです。屋根裏のように屋内になれば建物自体が電波にとっての遮蔽物となり、必然的に受信レベルも屋外よりも弱くなります。

 

物件に使用されている住宅資材や立地の条件などによっては、屋根裏での電波受信が難しくテレビが映りにくい問題も。設置前には正確な電波調査が求められます。

太陽光パネル設置に注意

太陽光パネルは東京都など義務化が進むくらい、スタンダートな住宅設備になりつつありますが、アンテナを屋根裏にある状態で設置してしまうと受信電波の遮蔽物となってしまうことも。

 

特に太陽光パネルは金属製で日照時間の長い南側の屋根に設置されるのが一般的ですが、テレビ電波塔の方角との兼ね合いで同じ方角にアンテナを設置すると受信感度が弱まりやすくなします。

BSアンテナ設置に注意

屋根裏に設置できるアンテナは基本的に地デジ用のみです。衛星放送用のBSアンテナは電波受信の難易度が高く屋外に設置しなければ、快適な衛星放送の視聴環境づくりが望めません。

 

中には屋内向けのBSアンテナ関連製品もありますが、確実にBS電波を受信できる環境下でなければ、ほぼ視聴は難しいです。

DIY設置での失敗に注意

アンテナの設置はDIYでもできますが、屋根裏に限らず知識と技術を要します。例えば、屋外に比べれば足場も安定しているので難易度は低いですが、密室のため電波塔の位置把握が難しく、より正確な電波レベルチェックが求められます。

 

また、屋外のアンテナを撤去して移設や交換で屋根裏に設置する場合は、もとのアンテナを取り外す工程が発生しますが、足場が不安定な場所ですと転落や落下等のリスクが伴うため、万全な安全対策も必要です。

 

少しでもご不安であれば、決して無理なさらず専門業者に任せることをおすすめします。宮城県内のお客様は、みやぎアンテナセンターでご対応しておりますので、簡単なご相談からでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

アンテナの屋根裏設置で失敗したくないなら専門店へ

業者イメージ

アンテナの屋根裏設置を失敗したくない場合は、専門店の利用は欠かせません。ここでは、その理由について解説します。

専門店が安心の理由

アンテナ工事に限らず、生活において何かのサービスを利用する場合は、専門店を利用することで時間の節約はもちろん安心安全で確実性が大幅に増します。確かに費用は発生しますが、DIYで失敗して余計な出費がかかることを踏まえれば、一概に高額とは言えません。

 

ただし、専門店といってもアンテナ工事に参入している業者は全国各地多々ありますので、信頼できる依頼先をみつけることも重要です。どこも同じだと思って適当に選んでしまうと、トラブルなど後悔に繋がりやすいので、くれぐれもご注意ください

宮城県ならみやぎアンテナセンターへ

仙台市をはじめ宮城県内でアンテナの屋根裏設置を検討中で専門店をお探しでしたら、みやぎアンテナセンターにお任せくださいませ。国や県依頼のアンテナ工事も行っている確かな実績があります。

 

県内のお客様宅一軒一軒に最適な工事をご提案し、屋根裏設置可否を十分見極めた上で施工いたします。まずはお見積りからでもお気軽にご利用くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

アンテナの屋根裏設置に関するよくある質問

質問イメージ

アンテナを屋根裏に設置するデメリットは?

屋根裏にアンテナを設置することで想定される主なデメリットは、「電波レベルの低下」「工事料金が割高」「ソーラーパネルの設置が難しくなる」などです。

BSアンテナは屋根裏でも映る?

BSアンテナを屋根裏に設置してしまうと、受信電波レベルが弱くテレビは映らないことがほとんどです。基本的に屋根裏設置は地デジアンテナのみに適用されます。

デザインアンテナを屋根裏に設置するにはいくらかかりますか?

みやぎアンテナセンターでは、デザインアンテナ設置料金22,000円~+屋根裏設置料金5,500円~の合計27,500円~ご案内しています。

まとめ:アンテナの屋根裏設置について

まとめイメージ

アンテナの屋根裏設置は、外観から完全に隠せるため、特に住宅の見栄えを気にされる方などにおすすめです。同時に雨風や鳥害対策としても効果的。

 

また、他の設置場所よりも比較的安全に設置できるものの知識と技術が求められるため、DIYで行うよりも専門店に任せた方が確実です。

 

みやぎアンテナセンターは仙台市をはじめ宮城県内各所でアンテナの屋根裏設置を実現。安心安全に施工いたしますので、ぜひご利用くださいませ。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)