close

相談 メール

コラム

ホーム > コラム > テレビアンテナが故障したら?原因と修理方法をプロが徹底解説
2024.03.21
コラム
テレビアンテナが故障したら?原因と修理方法をプロが徹底解説

テレビアンテナが故障したら?原因と修理方法をプロが徹底解説

テレビアンテナの故障でお困りでしたら、本記事では専門店のプロが原因や修理方法について分かりやすく解説。

 

どういった症状が故障にあてはまり、どのように対処すれば良いのかお判りいただけます。

 

また、宮城県内で今すぐアンテナの修理が必要でしたら、みやぎアンテナセンターがスピード対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

テレビアンテナの故障症状と原因

トラブルイメージ

テレビアンテナの故障が疑われる症状としては、「テレビが映らない」「ノイズが入る」などありますが、考えられる主な原因は次のとおりです。

 

■強風・暴風の影響
■経年劣化
■雨水の浸水
■落雷

強風・暴風の影響

テレビアンテナが故障するパターンで特に多いのが、強風や暴風による倒壊です。中でも屋根上に設置してあるテレビアンテナは、風の煽りを受けやすく他の場所よりも倒壊リスクが高まります。

 

また、倒壊まではなくても、アンテナの位置が風でずれてしまい電波を正常に受信できなくなってしまうことも。特に台風シーズンで到来確率が高いエリアでは、アンテナが強風や暴風によるダメージを受けやすく、繰り返し風の煽りを受けていると、固定強度が弱まり倒壊に繋がりやすくなります。

 

なお、アンテナが倒壊してもテレビ電波の送受信ができていれば、テレビは映ります。ただし、倒れたアンテナをそのままにしておくのは、屋根からの落下や視聴トラブルに繋がりやすいので早めの対応がおすすめです。

経年劣化

長年テレビアンテナを使用していることで本体や固定している金具が劣化していきます。

 

特に固定金具が錆びてしまうと強度が落ちてアンテナの位置がずれて正常に電波を受信できなくなるなどのトラブルが起きやすいです。最悪、アンテナを固定しているマストが錆びで折れて倒壊して壊れてしまう場合もあります。

 

目安として最初に設置してから10年以上経過していて、目視で錆びが目立つようだったりアンテナの傾きが気になったりするようでしたら要注意です。他にもアンテナケーブルが劣化して断線してしまうとテレビ電波の送信ができなくなってしまいます。

 

また、受信した電波レベルを増幅させるためのブースターを設置している場合は、劣化により故障してしまうとアンテナに問題がなくても視聴トラブルが発生しやすいです。

雨水の浸水

屋外のアンテナケーブルやブースターなどの部材に雨水が浸水してショートしてしまうと、アンテナ本体が故障していなくてもテレビ視聴トラブルの原因となります。

 

アンテナケーブルの場合はJJアダプターと呼ばれる結合部分へ、ブースターの場合は本体内に浸水して基盤がショートすることでの故障が多いです。

落雷

他の原因より圧倒的に確率は低いですが、落雷によってアンテナや周辺機器が故障していまうことも稀にあります。

 

仮にアンテナに雷が直撃すれば、倒壊はもちろん修復が難しいほどの破損は避けられず、屋根など物件自体が損傷してしまう可能性が高いです。

 

また、近場に落雷することで停電や家電製品のショートにより視聴トラブルが発生することも。家電製品がダメージを受ければアンテナのブースターにも影響を及ぼす可能性もあります。

テレビアンテナの故障の修理方法

業者イメージ

テレビアンテナが故障して修理が必要な場合は、基本的に新品交換ですが、主に以下の方法で対応できます。

 

■アンテナ本体交換
■金具交換
■ブースター交換
■ケーブル交換

アンテナ本体交換

倒壊などによりアンテナ本体の損傷が大きい場合は、交換が必要です。物理的には破損したアンテナを修復して再利用することもできなくはないですが、交換よりもコストと時間がかかり、寿命を考えれば、あまりおすすめできません。

 

なお、固定金具などアンテナ本体以外が利用かのうであれば、そのまま流用することもできます。

金具交換

テレビアンテナの故障は、本体よりも部材のダメージが大きいことも多く、長年の使用により金具の錆が目立つようになります。特に沿岸部は潮風の影響を受けやすいです。

 

金具が錆びてしまって修復が難しい場合は、交換することで再び正常にアンテナを使用できます。アンテナ本体に損傷が見られなければ、金具のみの交換での修理対応も可能です。

ブースター交換

アンテナや金具に全く問題がない場合は、ブースターが故障している可能性が高く、新品交換することで視聴トラブル解決が期待できます。

 

ブースター自体を修理して直れば再利用も可能ですが、アンテナ本体同様にコストと時間を考えれば交換をおすすめします。仮に直せたとしても、短期間での再発も考えられるので新品に交換した方が長持ちしやすいです。

ケーブル交換

アンテナケーブルが劣化して電波を送信できていない場合は、新品に交換することで解決します。JJアダプターのショートも交換することで正常に電波をテレビまで送れるようになります。

 

また、アンテナやブースターに異常がなければ、ケーブルのみの交換で対応可能ですが、いずれ交換する必要が生じるのであれば同じタイミングでメンテナンスしておいた方が安心です。

テレビアンテナの故障の修理を自分で行うには

DIYイメージ

テレビアンテナが故障した際に修理を自分で行いたいとお考えでしたら、以下の注意点にお気を付けください。

 

■転落事故の危険性
■部材選定ミス
■修理ミス

転落事故の危険性

テレビアンテナが屋根上や外壁の高い位置などに設置されている場合は、連絡事故のリスクが高まります。アンテナ工事以外でも雪下ろし作業など転落事故が発生しているため、危険性があることを十分ご理解ください。

 

安全対策を怠って思わぬ事故を繋がるケースもあります。また、ご自身が落下しなくてもアンテナや部材、工具などを高い場所から誤って落としてしまうと、下の物や人に直撃して大事故に繋がることも。

 

こうした事故を未然に防ぐためにもDIYチャレンジは十分な安全対策をおすすめします。

部材選定ミス

テレビアンテナの修理に必要な部材を間違えてしまうと、無駄な出費や手間が生じます。使えると思って購入した部材が実は非対応だったということも珍しくありません。

 

開封してしまうと返品ができない場合もあり、価格が高ければ高いほどDIYの費用対効果も薄れてしまいます。ぜひ購入前に対応可否判断を慎重に行い、疑問や不安があれば、専門店などへの問い合わせがおすすめです。

修理ミス

DIYでアンテナ本体や周辺機器を交換して修理が完了したとしても、正しく設置できていなと解決できません。専門店にも「自分でやってみたけどできなかった」という理由でご依頼されるケースもよくあります。

 

中には、ご用意していただいた部材が使用できない場合もあり無駄になってしまうことも。また、基本的にご自身がご用意された部材を持ち込みで業者に依頼する場合は、保証対象外です。

 

DIYは自己責任であることを十分ご理解ください。

テレビアンテナの故障対応は専門店がおすすめ

アンテナ工事イメージ

テレビアンテナが故障してまった場合、確実な解決を目指すのであれば、専門店の利用がベストです。費用はかかりますが、DIYのデメリットをカバーでき、安全に解決できます。

 

仙台市をはじめ宮城県内でテレビアンテナの故障でお困りでしたら、専門店のみやぎアンテナセンターがご対応。スピード解決いたします。

宮城県のテレビアンテナ修理はみやぎアンテナセンターへ

 

みやぎアンテナセンターは、仙台市をはじめ宮城県内各所でアンテナ工事事業を展開しています。

 

運営会社の東北通電工は、携帯電話の基地局設置工事やテレビ大型設備など官公庁からのご依頼案件にも多数対応しており、その経験値を活かして一般家庭向けのアンテナ工事にも従事。

 

豊富な実績と多彩なノウハウにより安心安全のアンテナ工事を実現しています。

 

関連ページ:みやぎアンテナセンターとは?

みやぎアンテナセンターのテレビアンテナ修理費用

参考価格として、みやぎアンテナセンターのテレビアンテナ修理費用についてご案内します。

 

工事内容 料金(税込み)
既存アンテナの方向調整 16,500円~
アンテナ交換を伴う撤去 新設料金+5,500円~
アンテナ撤去処分のみ 16,500円~
ブースター交換 30,800円~ ※種類よって料金が異なります。

 

なお、テレビアンテナの故障に掛かる費用については、原因によって火災保険が適用できる場合があります。特に自然災害による故障は、対象に指定されるケースが一般的です。宮城県内の自然災害によるアンテナ工事が必要な場合は、保険申請に必要な資料のご用意などのお手伝いもできます。

 

詳しい内容については、その他料金と併せて下記より受け付けております。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)

 

関連ページ:テレビアンテナ工事の料金プラン

テレビアンテナの故障に関するよくある質問

質問イメージ

テレビアンテナは何年くらい使えますか?

一般的に10年前後が寿命といわれています。ただし、設置環境や個体差によって異なります。およそ10年使用されているようでしたら、状況把握の意味でも一度メンテナンスもおすすめです。

アンテナは自分で交換できますか?

交換可能ですが、アンテナの設置場所により事故リスクが伴います。また、慣れない作業はミスも多いため、正しい知識と技術力が必要です。

アンテナレベルが低くてテレビが映らない原因は何ですか?

何かしらの影響でアンテナが電波を受信感度が弱い、テレビまで送信できないなどの原因が考えられます。「アンテナが正しいポジションを維持できていない」「部材の故障」「配線不良」など様々です。

まとめ:テレビアンテナの故障について

まとめイメージ

テレビアンテナの故障は、自然災害や経年劣化など外的要因で発生することが多く、基本的には本体や部材の新品交換で解決できます。

 

修理はDIYでも行えますが、確実な解決は専門店の利用が望ましいです。仙台市をはじめ宮城県内のテレビアンテナの故障に関しては、みやぎアンテナセンターで対応しておりますので、まずはお見積りなど簡単なご相談からでも、お気軽にお問い合わせください。

 

フリーダイヤル 0120-084-700
無料相談フォーム(24時間受付)